アンダーグラウンドミュージック

アンダーグラウンドなバンドやアーティストを紹介していきます。

【はじめのあいさつ】ようこそアンダーグラウンドミュージックへ

f:id:dearbrother:20181211134435j:plain

ようこそアンダーグラウンドミュージックへおいでくださりありがとうございます。

当ブログアンダーグラウンドミュージック開設に際しまして、ごあいさつをさせていただきたく思います。


ここにおいでの方々はもちろんミュージックがお好きな方ばかりであると存じます。

わたしもミュージックが好きなようです。

スーツがカッコいいロックバンドやノリのいいJ-Pop、エモい洋楽なども好きなのですが、貪るように聴いたのはしんどいときに寄り添ってくれたアンダーグラウンドなミュージックだったことを思い返しました。

誰から教わるともなくアンダーグラウンドの新しいバンドやアーティストを見つけてきては、バカみたいに救われてきました。


申し遅れました、わたしはアングラと申します。 Twitterはこちらです。
(@ungromusic)

アンダーグラウンドなミュージックというと長いので、以下、アングラな音楽と呼ぶことにしましょう。


そもそもアンダーグラウンドとは

そもそも当ブログをアンダーグラウンドミュージックと呼ぶ以上、アンダーグラウンドとはなにかをここで定義しておかなくては罪ですね。

皆様ご存知の通りアンダーとは~の下、グラウンドとは地面、つまり地面の下、つまりアンダーグラウンドとは地下の事を指すのですね。

そしてアングラなミュージシャンとは光の当たらない、つまり、あまり知られていないミュージシャン達ですね。

マイナーですとかインディーズと呼ぶこともできるかもしれませんが、わたしはアンダーグラウンドがしっくり来るので、アングラを使うことにします。

ただ光が当たらないだけではない

アンダーグラウンドなミュージシャンはただ光が当たらないというだけではございません。

なぜなら彼らは地下で音楽をやり続けているからです。そして彼らが音楽をできるのは見てくれる人達がいるからでございます。

今は広くは届けられなくても特定の人々の心を深く掴むのがアングラなミュージシャン達の特徴であります。


皆が忙しい日々に忘れていってしまうこと
誰もが目をそらしてしまう綺麗ではないこと
沢山の人が言葉にすることを諦めたこと

でも多分大切なこと

それらをそっと掬い上げ、言葉にして、音楽とともに届けてくれるのがアングラなミュージシャン達だとわたしは思っています。

彼らは地下で輝く光なのでございます。


当ブログが行うことにつきまして

さてさて

では

このブログではなにをしていくかを最後にお伝えしましょう。

このブログで行うことは下記の1つ+2のことでございます。

アングラなミュージシャンの紹介
彼らのネットにはないギターコード紹介
彼らのネットにはない歌詞紹介


アングラなミュージシャンの紹介

まずなんと言ってもメインはこちらでございます。

昔、名前を聴いたことがないバンドを見つけては聴きあさっておりました。

アングラなミュージシャンを見つけられる場所があればいいなぁという想いでこのブログを立ち上げました。

なのでなんといってもこのブログで一番やることはアングラなミュージシャンの紹介です。

以下2つはおまけです。

ネットにはないギターコードの紹介

アングラなミュージシャンの曲は、弾き語りしたいと思っても、コードを見つけられないことが多いんですよね。

なのでわたしはよく自分でコードを聴きとって、弾き語りしていました。

有名なミュージシャンの曲は大手サイトが載せているので、大抵インターネットでコードが見つけれます。

個人の方がブログなどでアングラな曲のコードを載せているとテンションがあがったものです。 

こちらもそういうアングラな曲のコードを見つけられる場所にもなればと想い、コード紹介も行っていきます。  

ネットで見つけられない歌詞の紹介

アングラなミュージシャンの曲はギターコード同様、歌詞も見つけられない時がございます。

なので自分で一生懸命思い出して歌うのですが、どうしても思い出せない場所があったり、出てきたけどなんか違うという部分があったりしました。

こちらもアングラなミュージシャンの曲の歌詞が見つけられる場所にもなればと思い、載せていきます。

紹介予定のアングラミュージシャン

  • root13
  • Suck a stew dry
  • それでも世界が続くなら
  • 女王蜂
  • tricot
  • Womcadole
  • Art school
  • ハルカトミユキ
  • 毛皮のマリーズ
  • きのこ帝国
  • 爆弾ジョニー
  • 神聖かまってちゃん
  • Indigo la end
  • People in the box
  • Plenty
  • Amazarashi


色々と書きましたが、アングラ好きな人達がアングラなバンドやアーティストを見つけられる場所になればと思っています。

アングラによるアングラのためのアングラなミュージシャン紹介です。

たまに遊びに来てくださいましたら、大変嬉しく思います。


アングラミュージック管理人